グローバル教育の実践

高入生のためのグローバル人材教育

高入生のためのグローバル人材教育の実践について

従来から日本をリードし、世界的な活躍をすることができる人材の育成に取り組んできていますが、よりグローバルに物事を考える姿勢を身につけさせ、視野の広い進路実現を可能とすることに重点を置いた実践的な指導を強化、実施することとしました。
具体的は下記のように、特に1年生時における指導を重視しています。

 

1 体験的交流を行う

(1) エンパワーメント・プログラムの実施

高1・2年生の希望者を対象に、夏休みの5日間、生徒5人に対して1人の割合となるようU.C.バークレィを中心とした学生を招致し、生徒宅にホームスティさせながら、学校を会場にして、英語によるエンパワーメント・プログラムを行います。

 

(2) 春休みの選択制海外研修

高校1年生を対象に、3月入試を廃止したことによる時間的余裕を生かし、全コース生徒対象に希望・選抜制による事前事後研修を重視した海外研修を行います。
アメリカ東海岸(ボストン・ニューヨーク)コース
アメリカ西海岸(カリフォルニア)コース
カナダ西海岸(ビクトリア)コース
オーストラリア東海岸コース
東南アジア(シンガポール・マレーシア・ブルネイ)コース

 

(3) 東アジア青少年大交流事業(ジェネシス)2.0への積極的な参加

ア 中国からの派遣団の受入れ(中国高校生のホームスティ)
イ 中国・韓国訪問団への参加

 

(4) 長期留学生の継続的な受入れ

AFSからの年間留学生を継続的に受け入れています。

 

(5) 長期留学希望者への校内での説明会開催

毎年、複数の生徒が海外の高校へ年間留学しています。

 

2 実際の経験に学ぶ

(1) 外務省職員等の講演

それぞれの講師派遣事業を利用し、外務省、財務省等の若手官僚を招いての講演会を開催します。

 

(2) 生徒の海外研修体験発表会

選択コース別海外研修参加者による体験発表会を行います。

 

3 英語による表現力を向上させる

(1) エンパワーメント・プログラムの実施

1-(3)再掲

 

(2) 高校生模擬国連や外部での英語スピーチコンテストへの積極的参加

 

(3) 各種英語検定へのチャレンジ

 

 

~本校でのグローバル教育とは~

世界の現実に対して眼と心を開かせ、全ての人のためにより大きな正義、平等、人権が必要であることへの気付きを促す教育と位置付けています。

 

~エンパワーメントプログラムとは~

欧米の一流大学に学ぶ大学生・大学院生とのプロジェクトやディスカッションを通じて刺激を受け、異文化理解力、英語力の更なる必要性に気付かせ、日本人とは何か、自己とは何かを考える機会を理屈や知識で教えるのではなく体験、体感させることにより理解させることを主目的とした新しい形の短期国内研修です。

 

緊急情報緊急情報

寄付のご案内寄付のご案内

ページの先頭へ